アベノミクスによる量的金融緩和政策の影響

2%程度のインフレをターゲットとするアベノミクスだが、その具体的な政策としては、量的緩和政策も含まれていることと思う。つまり、日銀からのマネーサプライを増やすことにより、市場に流通する貨幣の量を増やし消費を増やしたりしてあれこれしようというものだ。デフレ脱却のたまにお札をすればいいというような安易な考えには賛成できないが、そのような政策も視野に入っていることと思う。

具体的なプロセスとしては、日銀の預金残高を増やし、その結果として銀行の残高量を増やし、最終的に企業や消費者へとマネーを供給するということのはずであるが、供給量が増えることで低金利になるのではないかと思う。

いずれにしても、ゼロに等しいような金利であれば、企業も銀行からの借り入れを増やしたりして設備投資をしようかな、雇用を増やそうかなという気になるかもしれないが、最終的に労働者の給与が上昇すれば、景気も回復していくことだろう。

けれども、消費者個人の借入が多くなれば、直接的に消費が伸びていくことと思う。もちろん、借金をしてまで買うのはどうかとも思うが、自動車や住宅などのローンについては、金利が低ければ低いほどお得になるわけだ。また、消費者金融会社にとってみても、消費者へローンを貸し出す際の資金は低金利で借り入れているケースが多く、その利鞘が利益となっているわけだが、さらに低金利になれば、貸出をする量も増え、結果として消費者も利用がしやすくなるだろうと思う。

なので、消費者金融業界にとってみれば、昨今の金融緩和への方向はプラスの方向に働くはずだから、投資家にとって買いの材料になる気もする。