日銀の金融緩和政策が消費者金融業界へ与える影響

消費者金融会社は銀行等から資金を低利で調達し、その資金を高利で消費者に貸し出すことで収益を上げているわけですが、この調達コストが低ければ低いほど収益率が高くなるメリットがあります。

一方、銀行は個人や企業などの預金者から低利で預かったお金に、ある程度の利を乗せて貸し出すことにより、その利鞘で稼いでいるといえます。また、日銀からも民間銀行への資金供給がなされており、この利率が低ければ低いほど銀行から借り入れる際の利率も低く済むということができます。

つまり、日銀 → 民間銀行 → 消費者金融 → 消費者というひとつの流れがあるわけですので、日銀の金融緩和により、低金利になればなるほど消費者金融会社も調達コストが下がり、利益を上げやすくなるといえるでしょう。

ただし、最近は銀行自体も消費者ローンのサービスを拡充してきている傾向があり、ATMなどでボタンひとつで簡単に融資を受けられるケースも多くなってきました。サラリーマンの場合、利率が高めの消費者金融を利用するまでもなく、銀行から直接的に融資を受けることもできるようになってきています。

日銀から銀行へ供給した資金は市中には回らず、だぶついている傾向もあります。優良な利用者については銀行から直接融資を受ける人が増えてきている傾向にありますので、この点では消費者金融業界にとってデメリットとなるかもしれません。

いずれにしましても、日銀の金融緩和はしばらくは続きそうですので、無担保ローン業界にとっては資金の調達コストが下がり、利益を上げるチャンスが到来してきているかと思われます。